生きるということ①

梅雨前線に台風直撃?みたいな感じで大雨でしたが、ありがたいことに少しだけ予報は外れ・・曇天ながらも清々しい朝になりました。
最近、仕事も家庭もプライベートも慌ただしく過ごしています。
忙しいことはいいこと・・でも、なんだか落ち着きません。(;-_-) =3

レ・ミゼラブル博多座上演の記者会見に参加し、素晴らしい歌声に涙し、夢の中で『夢破れて』で思い出せば涙目状態。舞台好きな人、ミュージカル好きな人じゃないと理解できないのかもしれないけれど・・家族がとりあえず同じ目線なのは本当に嬉しい。
期末試験中の息子も私の行動が気になるらしく、『レミぜのDVDは?』『博多座の動画はUPされた?』とあれこれ聞いてくる。(笑)
レ・ミゼラブル・・奥の深い作品。何をどう受け取るのか?子供の頃に読んだ『ああ無情』はパンと燭台しか記憶にない。日本人には難しい宗教観もある。
昨日、午後にwowowで『ルルドの泉でを見ました。と言ってもチェックしていなかったし、仕事もありで、途中から録画。
人間が人間として生きること・・そして死への準備。その渦中に神様はいろいろなプレゼントを贈る。ありがたいもの、そうでないもの・・。映画の中では一人の若い女性に奇跡が起こります。どうして彼女なのか?と司祭様に詰め寄る人、ねたむ人、、などなど。その中で答えられた言葉・・
神様は自由なのです
私的には一番心に残る言葉でした。自由だから自由に生きる。自由だから自由をどう受け止めればいいのか、わからない。そんなこんなで・・久々に家族三人で話しました。



『死にたいと思ったことがあるか?』・・二人は思ったことはあるが、ただそれだけ・・。a0031155_10585785.jpg
二人は一人っ子。考え方が似ています。
私は苦しい過去があります。ここでも何度か書いていますが、行き辛かった時期がありました。今もそうなのかもしれないと思うこともあります。育った環境、家族の確執・・許せない言動。などなど。。だから、反面教師で今があるんだといつも思っています。
『学校へ行きたくない』と一度も言わなかった息子。
叱る時はいつも『学校を辞めなさい』でした。
それは幼稚園の頃から・・(笑)
レ・ミゼラブルも同じ・・どう生きるか!
未来の象徴としてはコゼットとマリウス、そして『悪』も生き延びる。映画を観て、テナルディエ夫妻の悪さがわかったような気がする。記者会見での森公美子さんの言葉を思い出します。八月の新キャスト、新演出は本当に楽しみです。
元劇団四季の面々の活躍も大きな楽しみの一つ。
息子『あの暴走族のミツヲよね?』『ガストンよね?』などなど、知り合いのようにミツヲ連呼。((爆))
進化していく俳優さんたちの演技が楽しみです。060.gif

そして私も家族も前へ向かっていきたい。
頑張ろう。。いろいろ、いっぱい!

銅版工芸を始めました。二回きりの講座だけど楽しい。でも、腕が、指が・・めちゃくちゃ痛い。。(T-T)
[PR]
by k-takax2 | 2013-06-22 11:10 | わたしのこと

ミュージカル★映画★生活


by taka