いらっしゃいませ。。

そして、永遠にさようなら!・・と言う事で
 スウィーニートッド フリート街の悪魔の理髪師をDVDで観ました。




a0031155_124532.jpg
舞台は19世紀の英国ロンドン。無実の罪で投獄され、その首謀者に妻も娘も奪われた男が、名前も姿も変え、ロンドンのフリート街へ戻ってくる。15年ぶりに再開した理髪店、そこで腕を振るうのは、殺人理髪師スウィーニー・トッド。胸には復讐、目には狂気、そして手にはカミソリを――。そんなトッドの共犯者となるのはトッドに思いを寄せる、売れないパイ屋の女主人。2階の床屋へ入ったお客は、好むと好まざるとにかかわらず、階下のパイ屋へ行く仕組み。やがて煙が立ち昇り、この世のものとは思えない美味しいパイが焼きあがる……!

R15指定で息子を連れて映画館では観られなかった作品!小さなモニタで観るデップ様・・それなりに満足!(o^-^o) ウフッ

この作品は日本版として舞台でも演じられている。
その日、何を観に行ったのか思い出せないが、(^-^;
新橋の手前の交差点でスタッフがのうちわを配っていた。手にしたものの・・この色使いが不気味でゴミ箱へ捨てた思い出がある。何だか受け付けなかった。
キャストは市村正親トッドと大竹しのぶラベット、武田真治トバイアス(トビー)。。再演あるかしら?今は激しく観たい!!((笑))

それにしても・・復讐って恐ろしい!
映画の中だけで・・いい!
[PR]
by k-takax2 | 2008-06-15 12:34 | 映画・DVD

ミュージカル★映画★生活


by taka