『 変 』

Excite エキサイト : 社会ニュース 
a0031155_18304899.jpg
今年を表す漢字は 『
変化、変動、、、変なことばかり!

 我が家も変化の年でしたね!
 年末へ向かって何も変わらないように。。072.gif
 056.gif+++++++++++++++++++++++++++++056.gif
  無事に?父の百か日を終えて帰ってきた。
  母の態度は相変わらずで『私の世界』・・
  可愛いおばあちゃんになる気がなさそうだ。  
  ある意味かわいそうな老人でもある。
  兄弟3人・・それぞれの家庭で悩みを抱えている。
  能天気な我が家にも・・・心配事が増えるばかり。



我が家の変化は始まったばかりかもしれない。
遺伝性の病気は確実に息子へと受け継がれたようである。
15年前、入退院を繰り返して内科・産科・小児科でのプロジェクトを組み、Drたちのおかげで授かった命・・持病持ちで高齢出産に望み、双子、三つ子の覚悟で治療に望み、、何故か一人っ子だったが。。
『次、ダメだったら旦那さんの検査ね』って言われて汗まみれだったパパさん。(笑)
パパさんも一人っ子・・15歳上のお姉さんがいたが3ヵ月で亡くなり満州の飛行場の脇に埋めてきたと亡き魏父母から聞いていた。
『異国の丘』と同じ時代を生きていた義父母は日本へ戻り、忘れた頃に子供を授かった。
高齢出産は結局、二代続いたことになる。医学の進歩でその年齢で初産は今では珍しくもない。
が、ほんの15年ほど前では『もう、諦めたら?』とか簡単に言われたし、そうも思った。
遺伝性の病気がどう影響するのか・・不安でいっぱいであったが、出産後のBabyは少し小さめの元気な男の子だった。正常児であった。
何をどうすればいいのか?ならないかもしれないけど、、罹る割合は高い。
不安を胸にしまいつつも元気に大きく、育った息子に。。
病名をここで明かす勇気はありません。それは私が罹った時に嫌な思いをたくさんしてきたから。。いじめ・・・それも大人からの言葉は一番酷かった。保健室の先生からも言われた・・もうトラウマ状態でもある。
同じ病院で知り合った年下の女の子がいる。遺伝の強い病気。彼女は10歳での発症だった。
今は30歳近くになるけど、明るい、それなりのお嬢さん・・だが、親への反抗、我侭が凄かった。
どうしてこんな体に産んだの??』って。。彼女の両親は土下座して謝ったとか。。
その話は当時のDrからも聞き、『これだけ頑張って命を作ったんだから・・もしもの時はよく話し合ってくださいよ。親の責任だとか言わせないように。。』と。。私の父も母も・・私の発症時には『子供のくせに変な病気になって、気持ちが悪い』 『親は関係ないから』などなど。。傷つきまくり!(^^;
今も変わりません。私には関係がない。遺伝なんてないの一点張り!
父と義母のスキルスの件も焦りました。空いた時間を使って胃の検査は終わらせました。
が、根っこに潜んでいたのは・・・。
病名は明かせません。もう少し勇気と良い薬に出会ったら・・またお話しましょう!
息子は去年も受験でクリスマスもお正月もありませんでした。今年も同じで・・年末まで検査入院です。大晦日には返してくれるだろうとDrを信じています。私の13歳と息子の13歳は違うと信じていたのだが・・神様はまだプレゼントを増やしてくれたようだ。
思ったよりはしっかりしていて、いい子に育っていると思う子供の思いを夫婦二人で受け止めなければならない。

[PR]
by k-takax2 | 2008-12-13 23:38 | シーズン

ミュージカル★映画★生活


by taka